2015/02/15

TJ with YO & KUWA

イベントでかぐらに来ていたYOから連絡があり、急遽天神平へ。


前日は下山コースはクローズしていたようで、パウダー確定らしい。
おまけに天気も良くてまさに「ザ・デイ!」と思いきや、気温が上がって斜面は不安定。
太陽に照らされた谷川の斜面は危ない雰囲気がプンプンしておりました。


YOと合流して峠リフトの行列をスルーして、高倉のリフトでピステンバーンで足慣らし。2〜3本滑ったところでKUWAちゃんが到着。
ゲレンデのハシパウで撮影しながら数本滑ってからゲートの外へ。


谷川のピークを目指す行列を横目に見ながら、危なそうな斜面は避けて慎重に滑る。
気持ち良さそうな面、雪が良さそうな沢、光が良さそうな場所を探しながら、昼も食べずに何本も滑った。

ロープウェーに乗りながら
オレ:「ヨウ、あと何本滑る?」
ヨウ:「あと3本くらいですね〜」
その後何本滑っても「あと3本」が続いて、結局一日滑りっぱなし。
朝から最終まで滑ったのは今シーズン初めてだった。


それ以上に、二人の斜面の選び方、ラインの取り方、リスクマネジメント、すべてが勉強になりました。最後の一本は本当に名残惜しい一日でした。



最後はお約束の「雪松」で餃子食べながら反省会で締めました。


2015/02/14

Niseko

3ヶ月もブログを放ったらかしにして、写真のアップの仕方も忘れてしまうほどです。
毎年冬に突入すると仕事柄その他のことが億劫になってしまうのです。

言い訳はともかく、毎年恒例の帰省がてらの仕事…
いや仕事がてらの里帰りをして来ました。

今回はスケジュールの都合で雪山はテイネ1日、ニセコ2日間だけのショートトリップでした。

初日は日本海を望むテイネハイランドでパッキーくんと、前に一緒に滑ったのがいつだったか二人とも忘れるくらい久しぶりのセッション。
パウダー無しのひたすらゲレンデカービング。












翌日はニセコに移動して1日目はアンヌプリと2日目はモイワ。
























寒波の影響で二日間とも天気はいまいちだったけど、最終日の午後には陽も差してきて気持ち良かった。いつもアテンドしながら一緒に滑ってくれるローカルのP.RHYTHMフレンズにはいつも感謝です。

やっぱりニセコは雪がやわらかくて良かったなぁ。