2014/10/06

あの日 〜おれたちに出来ること Vol.4 より〜

週末に雪仲間のNJと、おれたちに出来ること(東日本大震災チャリティーイベント)に行ってきました。
会場の 3331 Arts Chiyoda は閉校になった中学校を改装した施設で、なかなか良い雰囲気。

震災の半年後に第一回目が開催されてから今回で4度目の開催で、最初は「15人」だった写真家が「20人」になり、回を重ねるにつれて来場者数も増えているそうです。

去年は参加できなかったけど、毎回気に入った写真を一枚購入することにしています。
毎回どの写真にしようか会場を何周もしながら悩んでしまう。

学生の頃にあこがれていた水谷章人先生の作品が展示されていていたりして…

今回も何枚か悩ましい作品がありましたが、実は今回は最初から購入しようと決めている写真がありました。佐藤圭(keyPHOTO)くんの「アラスカのオーロラ」の写真です。

あの日、ケイくんは撮影のためにアラスカにトリップに出かけていて、丁度地震が襲ってきた時刻にオーロラを撮影していたそうです。
あの日から3年半が過ぎて記憶が少しづつ薄れかけてきている。
正直なところチャリティーに参加してるという意識は全く無いけど、この作品展を訪れる度に忘れないようにしようと思うのです。
毎年続けていくのは本当に大変な苦労があると思いますが、雪山を愛する20人の写真家の方々の情熱には只々頭が下がります。

「おれたちに出来ること」がいつまでも続くことを願っています。