2012/03/22

3.11から一年|宮城郡七ヶ浜町にて…

先週の土曜日から3日間かけて八幡平〜八甲田をまわるショートトリップに出かけた。
いつも懇意にしてもらっているRELAX(埼玉県深谷市)の小清水さんからのお誘いだ。

予定を確認するために前日に連絡を入れると
『八幡平に行く前に被災地を見に行こうと思っているんですが、よろしいですか?』
被災地の方がには失礼なのは十分わかっているけど、正直なところ一度自分の目で見ておきたいと思っていたので、こちらからも是非にとお願いした。

土曜の朝3時に深谷に集合して仙台付近に到着したのは7時半くらいになっていた。
東北道から仙台南部有料道路に入ると、高速無料化の影響で朝の渋滞にぶつかった。
若林JCTで左に折れると、仙台東部有料道路の右手に海岸線まで1kmほどの平地が続いている。
ここが津波で多くの方が犠牲になった若林地区だ。
津波が押し寄せたら逃げる場所なんて全くない、平地がずっと続いていた。
Img_3078

仙台港北インターで高速を降りて海岸線に向かう。
幹線道路沿いの建物にはところどころ壊れた跡が残っているところもあったけど、それほど目立おどではなかった。それなりに復旧も進んでいるのかもしれない。。。
でも、その直ぐ後でそれは間違いだったことが分かった。

Dsc_0018
このあたりで一番復旧が遅れていると言われている海岸沿いの七ヶ浜町あたりまで来ると、震災の傷跡はいたる所に残っていた。

海岸に造られた公園の階段や建物は形が変わっていて、鉄筋コンクリートで建てられたマンション以外の建物はほとんど残っていない。
ヨットハーバーがある道路脇にはヨットが何艘も打ちあげられていて、港の防波堤や船着場のコンクリートやアスファルトが変形していた。
津波でもみくちゃにされた車が集められているところがあった。
頑丈なつくりで有名な高級SUVも無残な姿になっていた。

Img_3083

Dsc_0010

Dsc_0017

Dsc_0016

Dsc_0006
Dsc_0009

八甲田からの帰りに高速のパーキングで、RELAXのお客さんのYossyくんに会った。
彼は前日に下倉で一緒に滑った後に気仙沼から陸前高田付近をまわって来たらしい。
多少復旧が進んでいるところもあるけど、全く進んでいないところは大変な状況が続いているそうだ。

2月に福島県の双葉町に住む知り合いに会う機会があって話しと聞いたときは、街はほとんどの人が避難したままで、空き巣や泥棒が後をたたずゴーストタウン化しているとのこと。

実際に被災地を見たところで、今すぐ何かをできるわけでもない。
でも、せめて人間らしく向き合っていかなければと今思っています。