2011/08/25

Letter from Steve Jobs

August 24, 2011 

Letter from Steve Jobs

To the Apple Board of Directors and the Apple Community:
I have always said if there ever came a day when I could no longer meet my duties and expectations as Apple’s CEO, I would be the first to let you know. Unfortunately, that day has come.
I hereby resign as CEO of Apple. I would like to serve, if the Board sees fit, as Chairman of the Board, director and Apple employee.
As far as my successor goes, I strongly recommend that we execute our succession plan and name Tim Cook as CEO of Apple.
I believe Apple’s brightest and most innovative days are ahead of it. And I look forward to watching and contributing to its success in a new role.
I have made some of the best friends of my life at Apple, and I thank you all for the many years of being able to work alongside you.
Steve

Apple Media Helpline (408) 974-2042 aamedia.help@apple.com
via apple.com

アップル(Apple Inc.)のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)がCEOを辞任しました。
1977年に瀕死の状態だったアップルに復帰して、iMac、iPod、Mac Book、iPhone、iPadなどのヒット商品を生み出し、つい先日時価総額世界一の企業に成長させてきました。

その間、僕自身もAppleのプロダクトに魅せられ、Apple製品にどっぷり浸かってしまった一人です。
1988年にボンダイブルーの初代iMacを購入してから、iMac 3台、iPod 2台、iBook 1台、Mac Book Air 1台、iPhone 1台、Apple TV 1台、Air Mac Express 2台、を使用してきた。

Apple製品はデザイン・機能・システムが素晴らしいし、良くできているのはもちろんだけど、何よりも古いプロダクトでも使い続けられること。古い製品を使い続けられるようにアップデートしていることがAppleの魅力です。
ちなみに2002年に購入した最初のiPod(10G)は、今も車載用に使用しています。
Macを新しい機種に買い換えたときも、以前使用していた環境を引き継ぐことができるし、音楽、写真、映像も面倒な作業をしなくても移植することができる。

そんな体験を10年以上続けていると、ますますApple製品から離れることができなくなってしまい、言い換えるとジョブスさんの術中にすっかりハマってしまったワケです(笑)
残念ながら先日リリースされた “Mac OS X Lion” は使用しているソフトが対応していないものが多いためアップデートしていませんが、まもなく発表される “iOS 5” や “iPhone 5” が楽しみです。

ジョブスさんは今後は会長としてAppleに携わっていくそうです。
後継のティム・クック(Tim Cook)さんがジョブスさんの哲学を引き継いでくれることを願っています。

以下、CNET JAPAN が掲載した翻訳記事を引用させていただきます。
http://japan.cnet.com/news/business/35006462/?ref=rss


Apple取締役会およびAppleコミュニティーへ
わたしは常々、AppleのCEOとしての義務や期待に応えることができなくなる日が来たら、皆さんに真っ先にお知らせすると私は常に話してきた。残念ながら、その日が来てしまった。
わたしは、AppleのCEOをここに辞任する。取締役会が適任と判断してくれるなら、取締役会長、ディレクター、そして、Apple社員として役立ちたいと思っている。
後任に関しては、われわれの後継者プランの実行とTim CookをAppleのCEOとして選任することを強く勧める。
わたしは、前途にはAppleの最も輝かしく、革新的な日々が待ち構えていると信じている。また、わたしは、新しい役割においてその成功を見守ること、そして、貢献することを楽しみにしている。
わたしは、人生における最高の友人をAppleで作ることができた。皆とともに何年にもわたり働くことができたことに感謝する。
Steve

Share |

2011/08/17

初盆

20110816_sunset
1月に亡くなった嫁の祖父の初盆で千葉まで日帰り。
法要のあと叔父がこんなことを言っていた。
『亡くなった者の仕事は親戚を集めることだ』
みんなそれぞれ事情はあっても年に一度は亡くなったご先祖の供養のために家族や親戚が集まる。
13日にご先祖の霊をお迎えして16日に送り出す。日本の良い風習のひとつだと思う。
帰り道、首都高からスカイツリーの向こう側に沈む夕陽がキレイでした。
66年前に焼け野原になった場所に世界最高技術の建築物が建っている。
66年前に絶望的なダメージを受けた技術に日本は再び苦しめられている。
30年前の原子力発電の技術をいまだに引きずっている。
北海道の泊原発の再稼働を知事が認め、営業運転を再開した。
願わくば、世界最高の技術を夢のある未来のために利用して欲しいと思う。

Share |

2011/08/14

Outlet Mall

Img_2570
1993年に日本で最初にオープンしたアウトレットモール。
僕が引っ越してきた2001年頃も、週末は駐車場待ちの車の列が出来るほど賑わっていた。

その頃は、週末に併設されているジムで身体を動かしてからモールを一回りするのが好きだった。
気の利いたアウトドアショップもあったし、好きなスポーツブランドのショップもあった。
地下のスーパーの一角には大福が美味しい和菓子屋さんもあったなぁ〜
そんなに大きくなくても自分にとっては充分楽しいお店が並んでいた。

この施設ができたおかげでこの街は人気が出て、今も人口が増え続けている。
街並みは整備され、飲食チェーンや大手スーパー、商業施設や高層マンションも沢山できた。
程良距離に公園が点在し、生活環境は整っていて暮らしやすい。

今思えば丁度この頃から各地に大型のモールが出来始め、客足が減り徐々にテナントの出入りが激しくなってきていた。
2008年に車で40分ほどの場所にオープンした国内最大級の新しいモールがオープンしてからは、客足は遠のく一方だった。

そして『国内初』のお役目は終わり、今年の6月末についに閉館になってしまった。
経済的に言えば『国内初』は『国内最大級』に淘汰されたということなのかもしれない。

つい先日から施設の周囲には金網が張られて立ち入り出来なくなり、夜は街灯も消えてしまった。
役目を終えたバブルの遺産はゴーストタウンのようになっている。
これを期に施設のあり方を考え直した方が良いのではないかと思う。
大量消費、ファースト・ファッション、低価格飲食店、etc…

とにかく住んでいる人たちが気持ち良い街になってくれることを願います。