2011/06/30

Mt. Mauna Kea



ハワイ語で『白い山』という意味の Mauna Kea(マウナ・ケア山)標高4,205m
地元の先住民の神話によると、マウナ・ケアの山頂は雪の女神ポリアフと多くの他の神々の住まう地として、祈りや埋葬を行う神聖な場所として古くから崇められてきた。
4,205mの山頂は、先住民以外は立ち入ることが許されていない。
4,200mの山頂付近は大気中の水蒸気やホコリが少ないため空気が澄んでおり、世界11ヶ国の13基の天文台が設置されていている。
山の斜面が滑らかな形をしているおかげで、富士山よりも高いところまで車で行くことが出来る。
隣のマウナ・ロア(標高4,100m)も同じような形をしているが、山全体の大きさはマウナ・ケアよりも大きく、山裾の距離は直径160km、体積は富士山の約90倍もある。

マウナ・ケア山頂の酸素濃度は地上の約60%、気温は1℃、前の週(6月初旬)には雪が降って山頂までの道はクローズになったらしい。
途中、標高に慣れるために立ち寄ったオニヅカ・ビジターセンター(2,800m地点)でも中綿入の上着が必要なほどの気温。
山頂ではレンタルしたボアコートを着ても寒さで凍えそうだった。
バスを降りて歩いてみると、フラフラして普通の速さで歩くことが出来ない。高山病の初期症状だ。

少し不安になりながら辺りを歩いてみると、360°の大パノラマが広がっていた。
地上からみるといつも山頂を隠していた雲海がずっと下の方に広がって夕陽を反射させている。
ホテルの浜辺から見た夕焼けよりももっとクリアな空の色に圧倒された。
今まで見た夕焼けとはまったく違う、神々しい夕焼けだった。


Share |

HIRO



宿泊していた島の西側は溶岩が流れ出た大地が広がっている。
一方、島の東側は熱帯の植物が生い茂る緑の風景が広がっている。
小高い丘のさらに奥地に日本人が切り開いた土地があった。
小さな街の小さなお店の広場には、盆踊りのやぐらの準備が始まっていた。
島の西側がお伽話のような夢のリゾート地なら
島の東側は人々が汗水流して切り開いて手に入れたリアルな生活の地だ。
次に訪れる時は、東側の朝陽を見に行こうと思う。


Share |

2011/06/29

The Fairmont Ochid



夕食の予約をせずに浜辺のレストランに出かけると
日本語がほとんど通じていなかったのに、一番海に近いテーブルに案内してくれて
さり気なく、日本語が堪能な日系三世の女性がオーダーを取りに来てくれた。
ホスピタリティってこういうことなのかと感じる。
敬々しい言葉遣いや大袈裟なお辞儀は、何だかサービスっぽい。
提供されるよりも感じる方が心地良い。

その時は気付かなかったけど、今思えばそんな気がする。
そしてこの時の夕陽は今まで見た中で一番キレイだった。。。


Share |

2011/06/28

BIG ISLAND



とてつもなく空がデカかった。
どこまでも溶岩の大地が続いていた。
はじめてこの島を訪れた人間は、何を思ったのだろう。
溶岩と山と空と海以外はほとんど何も無い島だったけど
太陽、空気、水、何より大切なモノが溢れているような気がした。


Share |

2011/06/07

甘さすっきり

ラーメンってさ〜

P646

近頃テレビのグルメ番組でラーメン特集とかよくやってるけど、そんなに大袈裟じゃなくても良くない?

魚介系がどうとか、ダブルスープがどうしたとか…

確かに、美味しいモノを提供するために良い仕事をしてる料理人の方々には敬意を表します。

デモね、札幌育ちのオレとしては『もっとシンプルな味のラーメン』が食べたい訳です。
田舎で食べる蕎麦も大阪のうどんもシンプルだけど凄く美味しい。

今日いただいたつけ麺も近所で評判になっていて、確かに旨かったんだけど、何か違うような気がする。

やっぱ“ぴゅあ〜”なモノがイイよね!

2011/06/05

到着 from kuwaphoto.com



Media_httpimagesinsta_evlks
PHOTO by kuwaphoto.com @somewhere Hakuba BC.

俺たちにできること
〜雪山を愛する15人の写真家たち〜



Movie by kuwaphoto.com
http://www.kuwaphoto.com/