2010/12/31

Snowboard Pow @Daikura

そして翌日の12/30は待望のだいくらスキー場のチャンピオンコース(非圧雪バーン)がオープンした。コースに唯一アクセスできるシングルリフトには、既に数人が並んでいた。
ノリさんの仲間4人とパウダーのラインが無くなるまで、約一時間パウダーを満喫した。



小清水さん、ノリさん&ジュンちゃん、ありがとう!
最高に楽しい三日間でした。

Share |

2010/12/29

Ski Pow

先週 Teton Bros.(スキーウェアブランド) のノリさんから『年末に会津に滑りに行くんだけんど、一緒にどうですか?』とお誘いがあった。
ノリさんとは知り合ってから10年以上の付き合いになるけど、そう言えば一緒に山に行ったことがない。

ノリさんは、以前大手の海外ブランドのスノーウェアの販売をしていたが、丁度僕がP.RHYTHMを立ち上げた頃に彼も独立して Teton Bros. を立ち上げた。
ノリさんが営業で僕がバイヤーという関係から、二人とも紆余曲折があり、何故か同じタイミングでウェアのブランドをスタートした。
ちょっと不思議な関係だけど、二人ともパウダー好きで妙にウマが合う。

ということで、何やら楽しそうな匂いがするのでご一緒させてもらうことにした。
前日の丸沼から日光、鬼怒川をを経由してひたすら山道で移動した。

東北道の西那須インターでノリさんと待ち合わせて、だいくらスキー場に向かった。
昨夜は降っていなかったのに向かう途中から雪が降り始め、何やらパウダーの匂いがしてきた。スキー場に着いてみるとほとんど吹雪の状態。


この日はスキーヤーのノリさんに合わせて、前から試してみたかったVector glide の“コルドバ” を借りてスキーをすることにした。初のパウダースキーにテンション上がりまくり!
ちなみにノリさんは『dps』というブランドの国内の代理店をしているので、もうベクターは履けないようです。dpsは芯材がポプラとカーボンで出来ているので超軽量、今回は試乗できなかったけど、パウダーでは本当に良さそうでした。

この日は一日中雪が降り続いていたけど、ゲレンデのちょいパウを丁寧にいただいて、ホントに楽しかった〜
残念ながらパウダー斜面のチャンピオンコースは強風のためリフトが動かず、滑ることができなかった。
でも初日から全部いただいてしまうのも勿体ないので、ご馳走は明日までとっておくのも悪くない。
滑った後は近くの温泉でまったりして、明日に備えて早めに床につきました。

お世話になった宿は “だいくらスキー学校” の阿久津校長が経営している「福島屋」さんという民宿。Teton Bros. のウェアをスキー学校に供給している関係でノリさんは古くからのお付き合い。僕は部外者にも関わらず、暖かく迎えてくれました。
本当にありがたい、感謝です。

Teton Bros. Official-Site http://www.teton-bros.com/
DPS Skis official-Site http://www.dpsskis.com/

Share |

2010/12/28

Initial experience

忙しいというほどではなかったけど仕事に区切りが付かず、なかなか滑りに行けなかった。
体調がイマイチ良くなかったり、雪が少なかったというのも理由ではあったけど…
そうこうしているうちに気が付けばもう12月も半ばを過ぎている。
さすがに滑りたいマインドがマックスに達してしまったので、とにかく初滑りをすることに決めた。

そうと決めたら、図々しいと思いながらもRELAXの小清水さんに連絡を入れ、強引にご一緒させてもらうことにした。

12/21の初滑りはお店のお客さん4名と湯の丸スキー場。
翌週の12/28は小清水さんファミリーと丸沼へ。

そして何とラッキーなことに2週続けてスノーボード初体験に遭遇することができた。
湯の丸では49才で初めてスノーボードをしたキクチさん。
丸沼では4才の遼河くん(小清水さんジュニア)。
二人の年齢差は45才だけど、どちらも感動させられてしまった。
新しいことにチャレンジする瞬間って、プライスレスだなぁ〜と思います。

ありがとうございました。。。

28. Dec. 2010 @Marunuma

Share |

2010/12/09

New Gear for New Season


12月に入ってからというもの
毎日天気予報とにらめっこしながら
きっとみんなソワソワしてるんだろうなぁ〜


なかなか本格的な雪が降らないけど、
気分だけは毎日フツフツと盛り上がって来ている。。。

というのも、久しぶりに新しい相棒を手に入れたからだ!

その1:Gentemstick TT160

その2:UNION ASADACHI-3

そんなワケで、ソワソワ… フツフツ… ワクワク…
とにかくかなり楽しみなシーズンです。

Share |

2010/12/02

"A Film About Freeriding" Persona DVD



iconシリーズでお馴染みの EBIS films から2ぶりに新作がリリースされました。
タイトルは『Persona』11/20に発売になっているので、既に観た方も多いと思います。

これまでにリリースされてきた“パウダー系”の映像は、パウダーライディングに誘うような「キモチ良さそう〜」で「羨ましいくなる」ような作品が多かったと思います。

でも、この作品は少しばかり趣きが違っています。
「キモチ良さそう〜」に滑っている滑り手が、パウダーを滑るためにどんな経験を積んで、それまでに何を犠牲にして雪の上に立っているのか?どうしてそんなに滑りたいのか?
それぞれのインタビューを通して、華やかなライディングの裏側にあるいろいろなことを伝えてくれると思います。

それぞれの滑り手が語った、胸にささる言葉をご紹介してます。

河野克幸  skier
「(スキーを)止めるとか、そういうの想像してなかった。止めようと思ったことがない。一回も」
石橋仁  telemark skier
「ボクは生涯遊びとしてスキーをやる、ただそれだけ」
浅川誠  skier
「大丈夫、オレにはスキーがある」
宮下健一  snowboarder
「どんな方法でも、あらゆる手段を使ってでも、滑り続けたい」
田口勝朗  snowboarder(GREEN CLOTHING 代表)
「これは幸せな思考回路」
新谷暁生 skier(ニセコ雪崩研究所)
「硬いバーンっていうのは、エッジ一本で、その支えを、そこだけで、そのラインだけで作らなきゃいけない。それでキチッと乗っていかなきゃいけないです。
スキーはオモシロいですよ、何であっても、パウダーであってもオモシロいです」


ニセコで10年以上『ニセコ雪崩情報』を発信し続け、『ニセコルール』を築いてきた新谷さんが、本編の中でこんなことを語っています。
「滑るヤツの自由を制限しない。滑るヤツの自由を制限しない中で、彼等の最低の安全を考えてやる。
ニセコルールの根底に流れてる考え方です。
それはね、他では無い。
そんな何か… そういうことではなくて、
ルールを作る側の論理を優先して責任がとかいう話しになるでしょ!
ヒト死んでさぁ〜、だーれも責任なんて取れないから…」


キモチ良さそうで羨ましくなるようなパウダーライディングは、いつも危険と隣り合わせ。でも、そういうリスクを差し引いてもパウダーはやっぱり魅力的です。
登場する滑り手の方々の『滑りたいオーラ』を感じて欲しいと思います。

制作:夷フィルム http://www.ebisfilms.jp/


Persona TRAILER from ebis films. on Vimeo.

新谷暁生 著書


Share |