2010/04/30

Ichi-kew-hachi-yon(1Q84 BOOK3)


「彼はもう少しで手が届くところにいたのだ。
そしてこの次には、私の伸ばした手は実際に彼に届くかもしれない。青豆は暗闇の中で目をつむり、憧憬に心を任せる。」
(村上春樹著 “1Q84” Book 3 92ページより抜粋)

「二人は凍てついた滑り台の上で無言のまま手を握りあった。彼らは十歳の少年と十歳の少女に戻っていた。」
(村上春樹著 “1Q84” Book 3 551ページより抜粋)

実はBOOK3が出版される直前までこの物語は終わったものと思っていた。
そう思っていたのは僕の他にも日本に100万人くらいいたのではないかと思う。
BOOK1とBOOK2合わせて244万部売れていて、BOOK3も初版の60万部が完売して40万部増刷されるらしい。

アマゾンのレビューを見ると例によって賛否両論、いろいろな意見や評論がる。
でも残念ながら初版の60万部を買った人たちはそんな評論なんかは見ないで買っている人たちだ。
この物語りがどれだけ賞賛されようが、どれだけ酷評されようが気にも留めていない人たちが実際にこの本を買って読んでいる。僕もそのうちの一人です。
話しの辻褄が合わないとか、読者に何を訴えたいのか分からないという論評があるけど、少なくてもこの物語はノンフォクションではないし、これだけ多くの読者を引き付けている。

BOOK2を読み終わったあとに『国境の南、太陽の西』と『ノルウェイの森』を読み返してみた。この2つの作品の頃から村上春樹のテーマはそれほど変わっていないように思う。
上手く言葉で説明できないけど、きっと彼は説明できない感情や想いを物語りにしているのではないかと思います。

そもそも小説は好きな人が読むもので、読む人がその人なりに解釈すれば良いと思う。
解釈したり理解できなくても読み終わったあとに元気や勇気が湧いてくれば、その小説はその人にとって良い物語りなのだと思います。

そういう訳で僕は「BOOK4」が楽しみです。


2010/04/23

2nd My Home Town

札幌から上京(住所は埼玉だけど)して18年。
埼玉県内で2度引っ越ししながらもずっと通い続けている散髪屋さんに、久しぶりに電車で行ってみた。
駅の改札を通ると最初にこの駅に来たときのことを思い出した。
初めて乗った電車はは勝手が分からず、2度も乗り間違えた。
やっと目的の駅に着いた頃にはすっかり日が暮れていた。

改札を出るとコンビニが一軒あるだけで、その他は街灯もほとんどなく辺りは真っ暗。
自分のアパートを地図で確認すると真っ暗な方向にあるらしい。
札幌の実家も市内ではかなり田舎だと思っていたけど、街灯くらいはあった。
そんなことを思いながらアパートに向かおうとすると、前にいたカップルの会話が聞こえてきた。

彼:『オレのアパートこっち!(暗闇の方向を指差す)』
彼女:『ヤダ〜、こんな暗い方に行きたくナイッ!(かなり引き気味)』
彼:『大丈夫だよ、すぐ近くだから・・』
彼女:『今日は帰る、今度明るいときに来るぅ・・』

その会話を聞きながら「オレはナンてところに来てしまったんだろう???」と思いながら寂しくアパートまで歩いたのを覚えている。

その時からそこには散髪屋とふとん屋さんがあって、間の細い道を通って通勤していた。
住み始めて間もなく散髪屋さんはオーナーが代わって美容室になったけど

ふとん屋さんはその頃のままです。


あの頃は毎日満員電車で通勤して、終電まで仕事していた。
とにかく毎日忙しくて、ウィークデイはゆっくり寝た記憶がない。
休みの日に髪を切ってもらうときはいつも眠ってしまっていた。

散髪屋さんは美容院に変わって、建物はリニューアルされてキレイになった。
そして僕を担当してくれる人は4人目です。

やっぱり、18年って結構長い??……

2010/04/12

Powder & Laughter !!??

この人、とにかくぶっ飛んだスノーボードライフを送ってます。
それにしても何て贅沢なライディングなんでしょう?

見ていると楽しくなって笑っちゃいますよ。きっと…





最高の雄叫びデス!

2010/04/09

Spring Events

春と言えば『さくら』

09.Apr.2010. 13:13 Fujimino


そしてプロ野球開幕!

09.04.2010. 21:14 Tokyo Dome

GIANTS vs DRAGONS

2010/04/01

au 「IS series」

今日、NTTのAndroid搭載のスマートフォン「Xperia(SO-01B)」が発売された。
既に予約だけで5万台受注しているようで、品切れを起こしている店舗もあるとのこと。

auユーザーになって8年、最近auの携帯は今ひとつ魅力を感じることが無かったけど、6月に発売されるgoogleのAndroidを搭載した“IS01”に触手を動かされてしまった。

現状各キャリアから発売されているものはAndroidは動くけど、“ワンセグ”や“おサイフケータイ(Felica)”に対応したものが無かった。
auにAndroid携帯が無かったのもあるけど、おサイフケータイの便利さにすっかり慣れてしまった僕としてはAndroid携帯に踏み切れなかった一番の理由。
さらに“IS01”はLISMOも使えるらしい。
IS01はスマートフォンとネットブックの間を狙ったデバイスなので、携帯を一台だけ持つには少し大きいかも知れない。

auとGoogleはAndroid第二弾も予定してようで、こちらは携帯電話タイプになるらしい。
第二弾が出るのが楽しみです。