2010/09/09

Ka・Ni・Me・Shi

かにめし(長万部)&いかめし(森町)
長万部と言えば “かにめし弁当” です。
北海道出身者の中には意義を唱える方もいるかとは思いますが、
我が家では『長万部=かにめし弁当』ということになっています。
それも国道5号線沿いに立ち並ぶドライブインで売っているものではなく、駅前の『かにめし本舗 かなや』で買わなければなりません。
なので、両親の故郷から札幌に帰るときは暗黙の了解で、必ずここで “かにめし弁当” を買って来ることになっています。 それは私たち姉弟が物心ついた頃からの “しきたり” になっているからです。もし買い忘れたりしたら(絶対に忘れませんが)、姉に何を言われるかわかりません。
そういうワケで、今回も“かにめし弁当” を無事調達して札幌に帰りました。

札幌の実家に着いて改めて食べてみると『やっぱりオイシイ!』というほどでもないような気がする。
でも小学生の頃は私たち姉弟二人にとっては大好きなご馳走で、長万部を通らなければ食べることができないということが『かにめし弁当』の価値を高めていたのかも知れません。


もし機会がありましたら、是非一度食べてみてください。
あまり自信はありませんが、たぶん美味しいと思います。


ちなみに、この日は森町で “いかめし” も調達してきました。
確かに “いかめし” も美味しいのですが、我が家ではどういう訳か “かにめし” の方が遥かに思い入れが強いようです。
何故?かは分かりませんが、それはたぶん “我が家のしきたり” だからだと思います。