2009/09/30

“Luck and Pluck” Caravan


2006/05/27 greenroom fes.

Caravanのニューアルバルが発売された!

『Luck and Pluck』〜幸運と勇気〜
このタイトル名には「与えられるられるもの(幸運)と、自ら掴むもの(勇気)」という意味を込めたとブログで自ら語っている。
メジャーデビューしてから4作目、インディーズから数えて6枚目のアルバムになる。

2004年に1stアルバム『Raw life Music』に出会ってからずーっとCaravanを聴いている。
こんなに長い間一人のアーティストの(それもほとんど全ての曲を)聴き続けたことはこれまで無かった。

音楽は人によって好みがあるから無理に薦めることはできないけど、落ち込んだり、行き詰まったりしたとき、音楽の魔法に救われることもあるかも知れません。

Caravanの音楽には、勇気を与えてくれる不思議な力があるような気がします。



Caravan - Luck and Pluck

Caravan official Site → http://www.caravan-music.com/

2009/09/25

"END OF THE LINE" Daisuke Sasaki film



日本を代表するビッグマウンテンスキーヤー “佐々木 大輔” のドキュメンタリーフィルムが発売されるそうです。
Paradoxvision の山田博行と3シーズンもの歳月を費やして完成させた超大作。
映像はすべて16mmフィルムで撮影し、その他の出演者も児玉毅、山木匡浩、上野雄太、河野健児、KAJ ZACKRISSON、JHOHAN OLOFSSON、小西隆文、とこれまた超豪華メンバー。
ティーザーを見ただけでワクワクしてくる。

9月10日に発売された『FALL LINE 2010』にも特集が組まれています。

佐々木大輔さんとは何年か前に中目黒の焼肉屋で偶然に一緒になったことがあった。
エラそうな雰囲気は全くなく、とても感じの良い、素朴でピュアな人柄でした。
でも、山の話しになると目がシビアになり、熱っぽく話していたのを憶えている。

この秋から学術調査のサポートの仕事のために南極大陸に行くようです。
その後はガイドの活動に専念するため、今回の映像はかなり貴重!

札幌(10/23)を皮切りに各地で上映会が予定されています。
上映会のスケジュールはフルマークスのブログに掲載されています。

モノ好きな方は是非!!

2009/09/20

booth board shop


Friendly and Recommend Shop,!
P.RHYTHM members and booth staff,
NJ, Miss Sano, Masuda(Pro surfer), Kiyo, Yama,
Thank you...

URL http://www.booth.co.jp

2009/09/11

9.11



2001年9月11日(日本は9月12日)
僕はあの日、風邪をこじらせて仕事を休んでいた。
ベットの中からボンヤリした頭で朝のワイドショーを見ていた。
すると何の前ぶれもなく画面が切り替わった。音声も何もない都市の映像だ。
大きなビルに旅客機が突っ込んで来る映像が何度も繰り返し流れていた。
テレビ局のミスで、特撮映像か何かが間違って流れているのかなぁと思っていた。
数分後、ようやくアナウンサーが画面に現れて
『先ほどニューヨークの世界貿易センタービルに旅客機が衝突する事故が発生しました。まだ詳しいことはわかっていません』
それが最初の情報だったと思う。

あれから8年、今年からアメリカでは9月11日が『奉仕と追悼のための国民の日』に指定され、多くの人々がボランティアに参加しているそうだ。

オバマ大統領は追悼式のスピーチで、「この日の真の精神を確認したい。それは破壊の欲望でなく、守り、奉仕し、築き上げる力だ」と国民に呼びかけ、「(国際テロ組織)アル・カーイダと過激派の追跡で、ひるむことは決してない」と語り、テロとの戦いへ誓いを新たにした。

今もアフガニスタンで戦っている兵士たちも“奉仕の気持ち”で戦っているのだろうか?
皮肉にも今日、NATO軍の誤爆によりアフガニスタンの多くの民間人が犠牲になった。

1969年にニューヨークのタイムズスクエアにジョン・レノンとヨーコは反戦のメッセージを掲げた。
『WAR IS OVER "IF YOU WANT IT" Merry Christmas from John and Yoko』

キューバ危機を乗り越え、ベトナムからの撤退を表明していたケネディは暗殺され、ニクソンはベトナムを長期化させた。あれから40年、アメリカという国の仕組みは何も『CHANGE』していないように思う。

世界は本当に良くなっているのだろうか?