2009/06/26

KING OF POP

またひとりスーパースターが逝ってしまった。
“KING OF POP”
マイケル・ジャクソン

僕らが一番多感な頃、80年代のマイケルはリリースされるアルバムほとんどがミリオンセラーで、他のアーティストとは別格のスーパースターだった。
唄、踊り、映像、すべてが衝撃的、
特に“ムーン・ウォーク”を最初に見たときは度肝を抜かれた。
毎週金曜夜に放送されていた
小林克也の『BEST HIT USA』
にみんなかぶりつきで見ていた。


でも、僕にとってマイケルの一番の思い出の曲といえば
“Man in the miller” というバラードだ。

それは学生生活の最後の思い出だった。

僕は大学に通う4年間、スキーにどっぷり浸かっていた。
スキー場でパトロールのアルバイトをしながら、数人の仲間と基礎スキー大会に出場する為に大学でサークルを作り、冬の間はほとんど毎日雪の上にいた。年間滑走日数は120〜140日、4年間で500日以上滑ったことになる。

スキーも楽しかったし、一緒にいる仲間も、毎日起るエピソードも、とにかくすべてが楽しかった。毎日おもしろ可笑しく過ごしながらも、シーズン最後に行われる学生の大会に向けて、スキーだけは真面目に取り組んでいた。

そして4年生になり、最後の大会の最終種目。
僕は最後から3番目のスタート順だった。

スタートに向かうリフトの上で、4年間一緒にスキーをしてきた友人がポケットからウォークマンを取り出し、片方のイヤホンを僕の耳に付けてくれた。
その時イヤホンから流れていたのが マイケルの “Man in the miller”だった。

これから最後の一本を滑り終わると、2日後には新入社員研修が始まり、社会人のスタートを切らなければならない。
新しい世界への期待と不安、楽しかった4年間を思い出しながら、片方の耳からマイケルのバラードが流れていた。

マイケルの曲を聴くたびに、僕はこの時のことを思い出す。
春のゲレンデの湿った雪の感触、日が傾いて少しオレンジがかった空、気温が下がって少しだけ重く感じる空気、遠くのゴールエリアで手を振る仲間の姿、今もハッキリ覚えている。
横を見ると、友の笑顔の瞳は少し潤んでいたのかも知れない。

あれから22年が過ぎた。
マイケルの追悼番組が朝からずっとラジオで放送さている。
何故か “Man in the miller” は流れなかったけど、マイケルの唄を聴くとやっぱりあの時ことを思い出した。

久しぶりに友の声が聴きたくなって電話してみた。

『来月そっち(実家)に帰る予定なんだけど』
『丁度良かった。昔のスキー仲間でゴルフコンペしようって言ってたんだ!』

何てグッド・タイミングなんだろう、
マイケル・ジャクソン、ありがとう。

2009/06/15

Ethiopia Sida Mo by STARBUCKS




コーヒー好きの自分が最近ハマっているコーヒー豆がスターバックス“ETHIOPIA SIDAMO” です。
ちょっと深煎りで、パンチのある味と香りが気に入っている。
ボキャブラリー不足で旨く言葉にできないので、スタバーの説明を引用させてもらうと
コーヒー発祥の地であるエチオピアのシダモ地方で栽培。フローラル系の香り、ほどよいコク、レモンを思わせるフルーティーさが印象的。繊細で複雑な風味のコーヒーです。』だそうです。

コーヒーを入れるときは、コーヒーメーカーで多めに落として、一杯はマグカップに入れてすぐにグイッと飲んで、半分はサーモスのマグボトルに入れてチビチビ飲むことにしています。

ちなみに
“ETHIOPIA SIDAMO” は250g 入りで ¥1,400 です。
『繊細で複雑な味わい?』を試してみたい、違いの分かる貴方にお薦めです。



2009/06/14

Caravan in Hibiya Yaon




2006年、2008年に続いて3度目のキャラバンの野音ライブ。
3回とも6月の同じ時期。梅雨時にもかかわらず過去2回はかろうじて雨は降らなかった。

最初のときは梅雨の晴れ間に爽やかな風が吹いていた。
去年は肌寒い曇り空、でも途中から月が顔を出して会場が温かかった。
そして3度目の今回は、とうとう雨に降られてしまった。

SPACESHOWER TV のジョイントライブで、前半はEMI MEYER(エミ・マイヤー)という新人アーティスト(JAZZY でメローな音でこれも良かった)が唄っているときまでは、まだ何とか持ちこたえていたが、空はますます重くなって行く。イヤな予感・・・

演奏機材の入替えも終わり、野音ではお馴染みの“BLESSING”のメロディーでCARAVAN登場!
会場は早くも総立ちです。

1曲目の“FEED BACK”が終り、2曲目が始まった頃からポツリポツリ降り始めた。
3〜4曲目のハイテンポな曲に合わせて会場はヒートアップしていく。盛り上がるにつれて雨は徐々に激しくなって、後半からはほとんどドシャ降り状態。
そんな最悪の状態がさらに会場を盛り上げて、連帯感が広がっていく。
会場全体が不思議な感覚に包まれていく。

そんな光景を見ていたら、自分が子供の頃、雨の中でずぶ濡れになりながら遊んでいるのが意味もなく楽しかった。
そんなことを思い出しながら、CARAVANの音楽と会場のみんなの笑顔を見ていた。

雨に降られて楽しいなんて、しばらく忘れていた…